ひとメモ

Pythonとか株とか

ニートに株がオススメの理由

ニートだけど株始めたら毎朝起きるのが楽しみになった

こんにちは。ニートです。(@hito_waft)
少し前から株取引を始めたのですが、それがとても楽しかったのでオススメしてみたいと思います。

早起きできる(起きる理由ができる)

ニートには仕事もなければ学校もなく、毎朝きちんと起きる理由がありません。
なのでついダラダラと夜更かしをして昼過ぎに目を覚まし、「自分はなんてダメ人間なんだ…」と思ったりしませんか?私はしょっちゅうしてました。

日本株取引は原則9時~15時(11時半~12時半までは休み)に行われます。
その1時間前の8時から、今この銘柄に何円でどれくらいの注文が来ているかわかる板というものを見ることができます。
なので大体その頃までには朝ごはんを食べて用意を済ませPCの前に座っていたいので、自然と朝7時くらいに起きられるようになりました。

これはいずれ社会復帰することを考えると、良い習慣ですね。そうでなくても健康的です。
(2017/9/27追記:実際に私も最近働き始めましたが、株のためにちゃんと朝起きてたから朝起きることが苦ではなく、働く辛さが軽減されています!)

社会勉強になる

「こんな会社があるんだー」と色々見たり、Yahoo!ファイナンスで平均年収ランキングを見たりして「へー」と思ったり楽しいです。
上場してるのだから大きな会社のはずですが、知らない会社だらけです。
身近なお店を運営してる会社の決算書を見て、「トリキ儲かってんなー」とか思ったり。
ニュースにも敏感になります。他にも色々。

働きたくなる(!)

ニートにはお金がありません。え?ある?いいっすね。
ある人はまあ別にいいんですが、お金ない人のほうが多いんじゃないかと思います。

私の場合親に甘やかされているので、たまにお金を貰ったりします。今はそれでちまちまと趣味と実(損)益を兼ねて勉強しながら取引してるのですが、やはり選べる銘柄にめっちゃ限りがあります。

普通は100株単位(1000株のことも)で取引されるので、1万円なら手数料を無視して100円以下の銘柄なら買えることになります。
今見たら28銘柄存在しました。ちなみに東証全体の普通株は3550銘柄ありました。1%以下ですね。(2017/8/2現在)

そして、あると言えばあるのですがそういう銘柄はワケありのことも多く、あんまりオススメできません。
私は初めて買った株が21円だったのですが、見事に高値づかみで後日損切りしました。手数料を含めると888円の損でした…。
1株ずつ買えるサービスもあるのですが、手数料が割高になったり取引時間が限られているなどあるので、やはりある程度まとまったお金があった方が良いです。
(1万円以下の少額でちまちま勉強するにはワンタップバイが今のところ一番良さそう。また気が向いたら証券会社の比較を書きます。)
(2017/9/6追記:個人の主観だらけの証券会社比較記事を書きました。↓)

hwhw.hatenablog.com

私はメンタル病気持ちというのもあり長い間働いてないのですが、働いて50万くらいは種銭を貯めたいなぁと求人を探しています。
→(2017/9/6追記:短時間の仕事ですが決まりました!株のおかげやで…。種銭貯めて好きな株買います(´ε` ))

社会参加できる

少額とはいえ市場にお金を投入し、証券会社にも手数料を払うということは経済活動に他なりません。人間誰でもできる範囲のことしかできないので、できる範囲のことやりながら胸張って生きましょう。
銀行に預金しているならまだしも、タンス預金なんかしちゃうとデフレで日本がヤバイ。らしいので生活に影響のない範囲でもっと多くの人が投資したらいいのになぁと思います。

(おまけ程度)勝ち組になれる可能性ができる

これはちょっと、「そういうこともあればいいなぁ」くらいのほのかな希望でお願いしますね。あんまり鼻息荒くして無理すると破産しますからね。
ニートの人は普通の社会のレールからは一旦はずれてるわけで、人にもよるとは思うけど「もうこの人生はダメだな…」と思ってたりしませんか?そういう気持ちを抱えたまま生きるのはとても辛いと思います。

株取引でいきなり億万長者になるってのは、まずないです。だけど例えば人間関係が辛くてどうしても長く働けないって人が、家でできる仕事として株取引するのはありかもしれません。
もちろん大損ぶっこいたら辛いと思いますが、辛さの質が違いますよね。言っておきますけど借金抱えるような無茶なことはダメですよ。
それで食べていくってのはまた大変な道だと思うし、どっちみちある程度の種銭を手に入れるのに働く必要はあります。

でも希望があるっていいよね!一緒に頑張りましょう~


学びながら最大10万円支給+若者正社員チャレンジ事業